1階の防犯法

トップページ > 1階の防犯法

1階の防犯法

女性の場合は特に、一人暮らしの部屋を探すときに1階を避けている人が多いでしょう。しかし、1階の部屋というのは、大概家賃が安く、経済的な事情から1階を選ばざるを得ないという人もいるはずです。

 

確かに、1階は侵入しやすく、狙われやすいと考えることができます。しかし、上階にある部屋だからといって狙われないとは限りません。1階の部屋の場合は、上階よりより一層防犯に気をつけるという感覚で対策をするとよいでしょう。

 

1階の場合でも、玄関に鍵がかかっている場合は侵入は窓からされるのがほとんどです。空き巣被害に遭ったケースでは、1階の窓が壊されて侵入されることが多いのです。そんなときには、狙われやすい物件を選ばないことが大切です。

 

自分の物件の周囲に隠れやすい場所がないか、道路から見えづらい場所に部屋がないかどうかをよく確認してください。当然のことながら、戸締りはしっかりと行って、窓の開けっ放しは厳禁です。例え人が中にいようとも、侵入されるときは侵入されてしまいます。もちろん、窓を閉めているところよりは開いているところが先に狙われます。

 

道路に面した物件だと、道を歩きながら簡単に家の中をチェックすることが出来てしまいます。2階以上だとそれも困難ですが、1階の場合は簡単にのぞけてしまうのです。日中でも、中が見えにくいカーテンを閉めておいたほうがよいでしょう。女性の場合は、女性の一人暮らしであると悟られないようにすることも大切です。